2016年10月19日

くさみか!をお聴きのみなさまへ。。。

 皆さんおはこんばんちは。二葉太郎です。

 特に何がというわけではないのですが、INAZOが慣れない仕事でほんろうされており、二葉太郎も若干体調不良というわけで、半月ほどお休みをいただきます。

 まことに勝手ですが、何卒ご了承ください。

 また、ブログについては、ちょくちょくアップいたしますので、ブログを見ていらっしゃる方はお楽しみに!

 なお、アメブロ「二葉太郎の一日一笑」は、このブログでは機能上やりにくいこと(画像を張り付けたりなど)や、心の病気に悩む姉、そして大病を患っている妹、そんな小林姉妹の日常をもとに、だれにでも訪れるかもしれない出来事に立ち向かう姿を僕なりに解釈してアップしているつもりです。良かったらこっちもご覧ください。

posted by 二葉太郎&INAZO at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お詫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

第124回_くさみか党発足!俺たちに明日はない_二葉の初恋詳細激白


 もうここまで来たら、なんでもありのくさみか!今回の前半は、なんとアブノーマル&アンタッチャブルなINAZO氏が党首となって、新党「くさみか!」を結成したらどーなるか、検証ってほどでもないけど、やってみます。そして後半は、第1回につぶやいていた二葉の内容詳細。「くさみか!」党は、またロングバージョンであれでやりますので、後日お楽しみに!
posted by 二葉太郎&INAZO at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

へい!よこくだぜーーー(昭和風)。<第124回>

 みなさん、おはこんばんちは。二葉太郎だと思います。

 さてさて、第124回のアップ予告でございます。前半は次回の「朝までバカラジオ」のネタフリにもなっているのですが、「もしも!!!!」まぁ、我々がもしもと申し上げて、そのあとろくなことはありません。今回もご多分に漏れず、たいしたーことはありません。

 しかし、「もしも」私たちが、新党を結成したら・・・その名も「くさみか党」。党首はもちろんINAZOでございます。この企画は、もっと広げて?というか、もっと悪のりして後日やりたいと思っております。

 後半は、うって変わって、第1回に語った、二葉太郎の初恋の詳細について言及。そのあとの灰色の青春時代も語っております。これは必聴!というわけでもないのですが。

 とりあえず、まもなくあっぷでーーーーす。
posted by 二葉太郎&INAZO at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

リバイバルアップ企画<第3弾>第21回 なんじゃこりゃぁ!クオリア体験_初めて物語2お金と頭血


 なつかしいですねぇ。クオリア体験と頭血の話。おもろいですけん、再アップいたしました。どうぞお楽しみに!
posted by 二葉太郎&INAZO at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

リバイバルアップ企画<第3弾>

 みなさん、おはこんばんちは。二葉太郎です。

 いやぁ、ここのところ正直申し上げて、病院通いがおおく、気分てきには、
あー、あちい、なーーーんにもしたくない.jpg
 という感じです。
 そんな中、元気をむりから出してまいりましょう。リバイバルアップ企画。
 今回は、第21回_なんじゃこりゃぁ!クオリア体験_初めて物語2お金と頭血をお届けします。
 とりあえず、今まで上げた3つをリバイバルアップとして、年末あたりまでアップいたします。また、回数が増えていけば、削除せねばなりませんので、また、そのあと、改めてリバイバルアップを実施していきたいと思います。この予告をするといううことは、第124回の準備も万端です。
 新旧ともによろしくお願いいたします。
posted by 二葉太郎&INAZO at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

さぁ、さっそくプロ野球でストーブリーグ開始!!!

 みなさん、おはこんばんちは。二葉太郎です。

 さてさて、明日からクライマックスシリーズのファイナルが開催。我がホークスは北海道で日本ハムとガチンコ勝負。楽しみですが、敗退した8チームは、早くも来季に向けた動きが始まっています。
 それに乗じてというか、CSを残したチームも他人ごとではなく、来季も見据えないといけません。ちょうどホークスと日本ハムが対決するので、まだ表面化していませんが、国内FA権を行使しそうな、日本ハムファイターズの陽岱鋼選手が、どーもホークスを希望している節があります。

 家庭の事情もあって、来年から子供さんが台湾の小学校に通うそうなので、本人も台湾へ帰省の際、「北海道より福岡の方が楽」といっていました。まぁ、距離を考えても確かにその通りです。しかも、彼は野球留学で、福岡第一高校に3年間通っていました。ドラフト会議でも、ホークスと日本ハムが競合し、日本ハムが勝ち取った経緯があります。10年目になって、力を付けて、第2の故郷へ凱旋かというところです。

 もし彼が入ってくれれば、外国人助っ人はホントに要らなくなります。バンデンハーク、スアレス、サファテ。投手のみでいいかも。欲を言えば、左の先発の外国人がほしいところではありますが・・・。

 来年はまた、パリーグ制覇濃厚です。その前哨戦。CSでも頑張ってほしいです。明日から目が離せません・・・。以上野球好き二葉でした。

 昨日書いた企画案については、また考えます。けど、やってみようとおもーとります。

 
posted by 二葉太郎&INAZO at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

こっちでもなにかやりたいなーーー。

 なんか、こっちのブログでも何かやりたいと思っているのですが・・・。
 どーしよーかなー。
 「この地名、読めるかな?」シリーズとかやってみようと思います。後ほどまた書きます。
posted by 二葉太郎&INAZO at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

祝!!!ソフトバンクホークス、ファイナルステージ進出!!!

 みなさん、おはこんばんちは。二葉太郎です。
 さぁ、プロ野球もいよいよクラマックスでございます。この後、CSファイナル、そして日本シリーズ、そのあと侍ジャパン壮行試合、年が明けてWBC2017と盛りだくさんでございます。
 ホークスファンの皆様。ここでご提案。
 CSファイナルを勝ち進むことを祈るのは当然なのですが、レギュラーシーズンのゲーム差が2.5ゲーム。アドバンテージは抜きにして、ホークスが4勝1敗(記録上4勝2敗)で進出すれば、3ゲームつまり実質的に0.5差でホントに優勝と思って応援しませんか?
 もちろん、記録上は2位ですが、ここまできたら、ホークスと日本ハムだけ5試合多く戦うということで・・・。
 逆に言うと、セリーグは、1位と2位が10ゲーム以上空いているので、もし広島が敗れるとなると、どうかと思うのですが・・・・。
 これ以上言うと、横浜ファンと巨人ファンに怒られそうなので、やめときますが、CSと日本シリーズには言いたいことがたーくさんあります。まぁ、興行収入等もありますので、仕方ないところもありますが・・・。

 決戦は10月12日(水)からです!応援するべ!!!
posted by 二葉太郎&INAZO at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「日本でいちばん長い日」を両方みてみた・・・

th.jpg
thTI8X5UW6.jpg
 1回目は、1967年に上映され、2回目は昨年上映されました。双方を見て、白黒とカラーとか基本的な違いはありましたが、新しい方も、なかなか素晴らしい出来上がりだと感じました。
 1967年は、東宝で岡本喜八監督のもと撮影され、鈴木貫太郎総理を笠智衆さんが演じ、阿南陸相を三船敏郎さんが、畑中少佐を黒沢年男さんが演じておりました。時代が時代なだけに、昭和天皇は八代目松本幸四郎さんが演じておられましたが、あまり撮影してはいけないというご時世もあって、最低限の姿と言葉しか入っておりませんでした。その分、決起した陸軍兵士が玉音版を探すシーンはなかなかスリルがありました。また、NHKの放送員に加山雄三さんを投入するなど、すごいキャストで撮影されていました。
 それに比べて、2015年板は、松竹で原田眞人監督で撮影されました。鈴木貫太郎総理を山崎努さんが演じ、阿南陸相を役所広司さんが、畑中少佐を松坂東李さんが演じておりました。また、この作品で着目すべきは、昭和天皇役の本木雅弘さんでした。平成の世も27年。昭和天皇の撮影についても、ここまで露出した映画はほかにないでしょう。また、本木さんなりの昭和天皇を演じられているのも魅力で、終戦の詔書の朗読も、本木さん自らが行っていました。もちろん流れは基本的に事実に基づいているので、多少の演出はあれ、48年を経たリメイクも、基本的には変わらない部分がほとんどでした。
 何よりも、「昭和天皇」を演じてくださいとオファーがきた本木雅弘さんの心中やと思ってしまいました。結果的に素晴らしい「昭和天皇」を演じておられましたが、まぁ、いろんな役のオファーがあるんでしょうが、よりにもよって、「天皇陛下」の役なんて・・・・。私ならお断りするかゲロしまくるほど緊張してしまいそうなほど畏れ多い役です。
 この映画は、3回目、4回目とリメイクされるべき映画だと思います。「戦争は、起こすよりもはるかに終わらせることがはるかに難しい」・・・両作品ともこれが感じ取れました。戦争の大変さ、無残さを伝える意味で、原爆や空襲を題材にした演出満載の映画もよいですが、この1日間の事実の羅列ほど現実的で底知れぬ恐ろしさ、難しさ、そして玉音版放送は、いくつもの奇跡の上にできたものだし、一歩間違えていれば・・・。ホントの意味で怖い映画です。皆さんもご覧になっては?
posted by 二葉太郎&INAZO at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

松坂大輔投手についてどう思います????

 みなさん、こんにちは。二葉太郎です。
 最近、松坂投手について、いろいろ、どちらかというとネガティブな記事を毎日目にします。まぁ、たしかに10月2日の登板を見ると、とてもとてもCSにはという感じでした。
 しかーーーし、松坂投手が悪いの?という感じしません?3年間で12億円の価値があると判断したのは、福岡ソフトバンクホークスであって、松坂投手ではありません。
 ぜひ先発で!ということで、例えば年棒6000万円+出来高で背番号「18」を用意。みたいな契約でも、松坂投手は、先発として期待してくれていると感じればホークスに来たはずです。本人も移籍してすぐこう漏らしていました。「一番戻りたかったのは西武です。」と。「でも西武は僕をいらないんでしょうね・・・」と寂し気に話していました。
 金満ソフトバンクが、法外な年棒を出してしまったがために、よく出る「1球2,050万円」とか言われる始末。私は、2軍戦も見ていたのですが、ここ数試合調子は上がってきていました。しかしそれはまだ、ストレートが上がってきた程度。これから、変化球も磨き、配給とコントロールに磨きをかけて、実際に2軍の打者に対してしっかり投げてから、1軍でしょう。和田投手も2年半投げれなかった・・・。これはアメリカ時代なので何も言われませんでしたが、日本なら何といわれたでしょうか・・・。和田投手も復帰ということでとばしたのでしょう。左ひじの違和感が出てしまいました。
 私は、年俸4億円を受けてしまったがために、今の投球フォームになってしまっているようで仕方ありません。腰や肩、ひじをかばいながら恐る恐る投げている感じがする。二軍戦では2回くらいまでと3回以降とフォームが違うのが見て取れます。おそらく「今日は大丈夫」と自分が判断して下半身が動き出すようになってるのでしょう。ところがこないだは、1軍戦でしかも1イニング限定。最初から飛ばさなきゃいけない。
 本人が希望するなら、再来年以降も年棒5000万くらいで再雇用してほしい。あれだけ活躍して、日本プロ野球をけん引した男。彼がもうだめというまでホークスで面倒見てほしい。それがファンとしての願いです。
 実際、登場して、球場全体あれだけ沸かせる選手はもう松坂しかいないでしょうし。結構儲かってるっしょ。
posted by 二葉太郎&INAZO at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする