2017年02月04日

第135回 芸能界に角界が騒がしい 二葉が真剣にASKAさんの新曲生歌披露


 われらが「くさみか!」も早いもので135回目です。振り返ってみると、えらい長いことしゃべってるなぁと自分ながらに感心してしまいます。
 さて、今日の前半は日々雑感です。1月に起こった事件やめでたいことなどなど、感想を交えながら語っています。
 後半は、二葉太郎が心を奪われた曲「SAY YES」。「ぼくはしにまっせんもんね」でおなじみのあの楽曲です。あの頃の自分は10代中盤でした。服装も髪の毛もどこか飛鳥さんを意識した風体でした。

 そんな飛鳥さんもいろいろあって、また福岡へ。私で言うところの「久留米市」なのかもしれません。

 故郷って、何度も嫌っては外に出ていくものですが、何かのきっかけで故郷を訪れると、なんだか優しくささやいてくれているような気がします。「おかえり。」と。

 そんな思いが満載のASKAさんの新曲「FUKUOKA」。今回は頑張って珍しくまじめに歌いました。

 ぜひ聞いていただいてから、ホンモノも聞いてください。ホントに素敵な歌です。
posted by 二葉太郎&INAZO at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予告です。<第135回>

 みなさん、こんにちは。二葉太郎です。

 さて、今日は土曜日。土曜の夜といえば、「くさみか!」でございます。もう定着してきたでしょうか?

 今日のくさみか!は、2月に入って1月を振り返ってみました。日々雑感でございます。1月のたった1か月間にいろんなことがありました。狩野英孝事件?で芸能界は大騒ぎ、大御所の急逝もありました。角界では、日本人横綱が19年ぶりに誕生。稀勢の里関の今後の活躍に期待。

 また、後半は、結婚する場合の男性の視点からのメリットをご紹介します。結婚年齢が上昇し、なおかつ結婚していない人も多く存在する日本。その背景には、国単位で改善していかねばならない問題が山積です。

 そんなお話をしていきます。

 そして、今回の目玉のオヤジは、二葉太郎、最初で最後ですが、マジで歌っています。何をうたっているかというと、福岡出身の「ASKA]さんの新曲「FUKUOKA」です。

 諸事情があり、YOU TUBE上でしかアップされていませんが、その歌は、神曲としてネットでも多く取り上げられています。私個人的には、いい意味で飛鳥さんらしくない楽曲だなと感じました。どちらかというと、小田和正さんの歌のように、飾り気もなく、直球で、だからこそ、福岡で育った私には心に響きました。

 インディーズ扱いになるのかわかりませんし、YOU TUBEでアップできるかどうかもわかりませんが、第135回のどこかで生歌を披露しています。

 二葉太郎の飛鳥涼さんへの思い入れも含めてお聴きいただければ幸いです。

 今夜9時ごろのアップです。お楽しみに!
posted by 二葉太郎&INAZO at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする