2017年03月19日

第144回 構成二葉太郎の悩み_二葉の悲しい青春時代_NBMP第2弾


  こなさん、みんばんわ。スネークマンショー風。

 ちょいと偉そうなことを言っていますが、今回は、構成作家二葉太郎の憂鬱と題してお話ししております。この収録を始めて間もなく2年。

 まぁ、みなさんも日常生活の中で、実際にあったことを面白おかしく表現してみたり、ちょっと大げさに言ってみたり。こと、面白を追求するとどうしてもこうなってしまうわけです。

 面白おかしくするためには仕方がない!という割り切る必要がこういうラジオを作るうえで非常に大事だなと痛感しました。

 もちろん、最初はこうなるなんて予想だにしなかったのですが、なんとなく本名で話したくないな・・・と思い二葉太郎を名乗り、人が少ないので、ネタを中心に考えたり、編集で遊んだり・・・。それも一通り巡ってしまうと、ネタとして作り上げるしかないのであります。

 もちろん、そう思おうが思うまいが、私たちの素性を知らない方には知ったことではないのですが、問題は、我々の素性を知ってて聞いてくださっている方々に対して、矛盾が生じるわけです。

 そこで、矛盾している部分は、当然実際にお会いしている、または接している私が真実です。つまりは、フィクションであるということをご理解いただければと思っています。

 事実を事実のみにしゃべるといかに面白くないかを後半お話ししております。これは二葉自身経験した、衝撃の事実であります。

 エンディングはガラッと変えて、ニュービッグマネープロジェクトの2月分の成績をお知らせいたします。

 気楽に聞いてください!
posted by 二葉太郎&INAZO at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする