2017年03月27日

第146回 喫煙権消滅の危機_JRの悲喜交々よもやま話


みなさん、こんばんは。二葉太郎でございます。今回のくさみか!は、なんだか久しぶりの四方山話。

 前半は、危うし二葉太郎・・・ではないのですが、喫煙権がついにはく奪されそうになってまいりました。そんな昨今を、喫煙者の二葉と禁煙に成功したINAZOが斬る!というかなじりあいですが・・・。

 うって変わって後半は、こちらもよもやま話。毎年3月に改正されるJR のダイヤですが、おととしは北陸新幹線開業。去年は新幹線ついに北海道上陸。今年は地味だよと思っていたら、いろんな改変場所があるわけです。エネルギー勢力図を塗り替えんとするこの改正、未来に通じる改正となっています。

 なんでも、サウジアラビアは、石油に頼らない国家づくりを目指して、日本に協力を依頼しているとか・・・。

 静かに世界が変わりつつある現状をお話ししております。
posted by 二葉太郎&INAZO at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんだか最近、つらいことが多すぎて・・・。感動する閾値が著しく低くなってる気が・・・。

 どうも。おばんです。二葉太郎です。

 なんだか、最近、こう思うのです。人は、つらいことがあれば、それを乗り越えようと必死に努力します。そして乗り越えてはまたつらいことに遭遇します。つらいことに大小はありませんし、乗り越える人によっても違うと思いますが、ただ一つ、乗り越えた証というと大げさかもしれませんが・・、RPGで魔法を使うとMPを消費するかの如く、感動の閾値がドンドン下がっていくように思います。

 人が感動し、涙する。そのラインというのはそれぞれですが、一般に歳をとると涙もろくなるといいますが、その裏付けとして、やはり人間生きていけば、いくつもつらい出来事に遭遇し、みんなそれを乗り越えているからだと思います。

 くどいようですが、つらいことを乗り越えるのに、時間や大きさは関係ありません。でも、そうやって人間は生きているのだと。

 ここ数年、ポッドキャストをはじめてから、間違いなく自分の中で変化が起こっています。いろんな人との出会いや、広く多くの人が聴いていただき、そして楽しんでいただくためにはどうすればいいのか。

 自分の人生を振り返ってみると、子供のころから常にこれを考えていたように思います。当然、子供ですから、失敗もたくさんありますし、よかれと思ってやったことが、相手には不愉快に思われたりということもたくさんありました。

 しかし、そういう小さな試練を乗り越えて、ようやく自分の人生を表現する小さな場を設けました。本気で取り組むようになり、そしてそれが形になり、聴いてくださっている方のお声を聴いていくうちに、確実に自分の心は潤っていることに気付きました。

 感動の閾値が下がった!と感じたのも、当然自分が潤っていないと感じないことです。事実、ホントにつらいときは、感動すらしないのですから。

 自分の人生を潤わせるのは自分。そしてその喜びをかみしめるのも自分であります。このゆるぎないポリシーを持ち続けながら、今後もラジオ、やりまっせーーーー。
posted by 二葉太郎&INAZO at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする