2018年06月03日

第212回 久々の全自動シリーズ 憑りつかれたように茶話会を連呼するINAZO_二葉提案の終活システムとは?



 みなさん、こんばんは。二葉太郎でございます。

 久々の土曜の夜はくさみか!であります。といっても日曜日に1時間ほど食い込んでしまっておりますが、まぁ、わたしの性格上、土曜の夜の範囲内なので許してください。

 これまで、アップが滞っていた分、来週は、水曜日と土曜日にアップする予定です。

 さてさて、今回のくさみかは、久しぶりの「全自動シリーズ」。冒頭で二葉が「今までとは一風変わった全自動」と説明したにもかかわらず、結局INAZOは、どのきかいにも「茶話会モード」を付ける始末。この、冒頭で述べた全自動シリーズは、また次の機会にお話しできればと思っております。

 後半では、二葉太郎が、人生でどーしても欲しい全自動機械のご提案をしております。名づけて「終活システム」。これから発展して、過去にあったあらゆることについて「あれ、結局何だったのかな?」とか、「あの時の電話、いったい何だったんだろう?」など、未だに分からなく、未来永劫分かりえないことがわかるシステムがあったらいいなと思っています。みなさんも欲しいでしょ??

 というお話、お聴きください!
posted by 二葉太郎&INAZO at 01:07| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする