2019年01月21日

びっくり亭は、もうビックリでございます。

 みなさん、こんにちは。二葉太郎です。

 さあて、高校生は、センター試験も終了し、自己採点、悲喜こもごもといいたところでしょうか・・・。出願大学をこれから決めて、いざ怒涛の2月へ突入です。

 われらが「二葉塾」の学生も、今週から、専願入試が始まり、来週からは、私立高校前期試験が始まります。その間に、実力テストと・・・。中学3年生も、初めての試練を目前にしております。

 といっても、ここで一生が決まるというものでもありませんし、大切なことは、10代、特に中学・高校生の間に、何を一生懸命にやったのか????これだと思います。この6年間にやったことは、40代以降にやると、実に20年以上はかかる・・・。しかも体力などなど能力も落ちますし・・・。

 芸は身をタスクではありませんが、この時期に一生懸命頑張ったものは、他の人が20代から始めても、到底追いつけないということであります。勉強できる子、できない子、それは、ただ勉強が得意か苦手かということ。頭の良しあしとは、全く別物です。しかし、この時期に生きる、頑張ることから逃げるのはよくない。1年逃げると、大人で言うと3年くらいは逃げたことになるのかな?学校に行かなくてもいいから、とりあえず、新しいことを始めてみましょう!

 さてさて、本題。先日、「秘密のケンミンSHOW」で紹介された、福岡の隠れた絶品B級グルメ。そう、「びっくり亭」に昨日行ってまいりました。

 さすがに、昨日は少ないかと高をくくっておりました。というのも、今日は月曜日。あそこの定食を食べると、翌日の「ゲップ」が地獄的によみがえるのであります。昔よく通っていたころは、本店だったのですが、やはり、金曜日か土曜日に行ってました。普段は、日曜日は閑散としているのですが、昨日は1時間半待ち。店員さんに聞いたところ、土曜日はすごかったそうです。

 何がうまいかというと・・・。食べてみてください。要は豚肉と大量のキャベツの鉄板焼きなんですが、強烈にニンニクが聴いております。また、テーブルに備え付けの唐辛子味噌。これを適量かけて、ご飯と一緒に、またはビールと一緒に書き込むのみです。

 メニューもいたってシンプル。この鉄板焼肉しかありません。注文方法は1人前、1.5人前、2人前、3人前の4種類。ご飯は小・中・大・特大のこれまた4種類。あとは飲み物です。

 キャベツ:肉の比率はおおよそ8:2なのですが、このキャベツがうまい。最初は焼きキャベツ。中盤は蒸しキャベツ。そして最後は、絶品誰に浸ったたれ焼きキャベツ・・・。

 一度お召し上がりください。

 https://tabelog.com/fukuoka/A4003/A400303/40035646/
posted by 二葉太郎&INAZO at 16:44| Comment(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする