2019年07月21日

宮迫さん、田村亮さん、とにかく応援しております。そもそも論は、ポッドキャストで・・・。

 みなさん、こんばんは。つぶやきは久しぶりかと思います。

 先月から、ワイドショーなどで取りざたされている、芸人さんの「闇営業」問題。主犯格は、カラテカの入江さんと、雨上がりの宮迫さんという話が飛び交っていました。中には、芸人同士で、どうして出てきて釈明しないのか???などという人も見られました。

 そして、突然、今日の午後、宮迫さんと田村亮さんの謝罪会見があると、ネットで知り、一部始終拝見させてもらいました。

 結論から申しますと、ロンブーの田村亮さんは、思った通りの人だなと思いました。素直で実直で、子供っぽいところもあるけど、みんなから好かれている芸人さんだなという思いは、より確かなものになりました。

 宮迫さんは、正直今回の会見を聞いて、物凄く大好きになりました。

 僕も、社会でうまく立ち回れる方ではないし、世間知らずだし、調子に乗るときもあるし、物凄くへこむことともあるし、ヘラヘラ盛り上げることも大好きだし、少々自分の能力にうぬぼれながら生きている人間です。だから、知らないうちに、失敗して、大きなしっぺ返しをくらいながら、何度も社会にたたかれながら生きています。

 宮迫さん、見てて、同じような感じがしました。調子に乗ると、必ず足元をすくわれる・・・そんなんの繰り返しではないかと・・・。でも、そんな生き方の宮迫さんが、大好きになりました。

 ほんとは、物凄くこれからの人生が怖かったと思います。それに、どれだけの賠償が来るのか?どんなに生活が困窮するのか?それでも、強がって、自分一人が責任を被って辞めてしまえばいい!と考える、世間知らずで、見栄っ張りなところが、とても、大好きです。

 「天然素材」で東京進出を狙った時も、雨上がりは売れず、自殺を考えたという逸話は、ご存じかとは思います。乱高下が激しいんだと思います。

 人間ができていないといえば、それまでですが、その人間臭さ、枠を超えた人間が、ホントの芸人さんだと思います。

 芸人さんだって、人間です。たかが人間です。でも、されど人間です。

 本当の問題点などについては、ポッドキャストで近々お話いたしますが、心の底では、宮迫さん、田村亮さんをはじめ、芸人さんとして、もがきながら頑張っている方々を、応援したいと思います。

 おりしも、ジャニーズ事務所のお話も併せて、近々お話ししたいと思います。お楽しみに!!!!

 余談ですが・・・。吉本の岡本社長・・。2000年のガキ使の第1回の罰ゲーム、24時間耐久鬼ごっこで、山崎方正さんを、ブリーフ一丁で猫を抱えて殴りに行っていたのに・・・。権力を持つと、人はかわりますねぇ。
posted by 二葉太郎&INAZO at 04:09| Comment(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする