2016年12月26日

スーパー戦隊シリーズの歴史・・・。来年はなんと9人組!!!

平成28年12月26日二葉太郎の一押しニュース
 
<スーパー戦隊シリーズ>次作はなんと9人組「宇宙戦隊キューレンジャー」
 
 いやいや、やりますな。キャラ付けだけでも大変だろうというのに、9人組・・・・。大体戦隊シリーズは色で分けられているのですが、我々が子供のころは、大体「赤」がリーダーであと、青、黄、緑、桃。桃色がたいていの場合紅一点という感じでしたが、9人いるとどうなるのでしょうか?その辺から、興味がわいたことと、名前が「キューレンジャー」と、「ゴレンジャー」に原点回帰している点に興味がわきました。久しぶりに見てみようかな?
 
 しかし、スーパー戦隊シリーズは、次作でなんと、41作目だそうで・・・。
 記念すべき第1作目は、「秘密戦隊ゴレンジャー」で、1975年(昭和50年)4月に放映開始だそうです。1975年といえば、そう、私が生誕した記念の年。まさにスーパー戦隊シリーズは私の歴史といっても・・・過言でした。すみません・・・。
 
 スーパー戦隊シリーズと同格をなすのが、「仮面ライダーシリーズ」と「ウルトラマンシリーズ」でしょう。「ウルトラマンシリーズ」は、毎年というわけではないのですが、「スーパー戦隊シリーズ」と「仮面ライダーシリーズ」は、今でも、ほぼ毎年スタイルを変えて制作されています。
 
 特徴もわかりやすく、「ウルトラマンシリーズ」は、「巨大化」。「仮面ライダーシリーズ」は「変身ポーズ」。であるのに対し、スーパー戦隊シリーズは団体戦でした。これまでの40作はすべて「5人組」か「3人組」で構成されています。
 
 それが今回は9人組とは・・・・。7人ではなく9人とは・・・・。ちょっと見てみたくなりました。
 
 あなたの一番印象に残る戦隊シリーズはなんですか?
 ちなみに、「スーパー戦隊シリーズ」は以下の通りです。
 「秘密戦隊ゴレンジャー(1975-76)」→「ジャッカー電撃隊(1977)」→「バトルフィーバーJ(1979)」 →「電子戦隊デンジマン(1980)」→「太陽戦隊サンバルカン(1981)」→「大戦隊ゴーグルファイブ(1982)」→「科学戦隊ダイナマン(1983)」→「超電子バイオマン(1984)」→「電撃戦隊チェンジマン(1985)」→「超新星フラッシュマン(1986)」→「光戦隊マスクマン(1987)」→「超獣戦隊ライブマン(1988)」→「高速戦隊ターボレンジャー(1989)」→「地球戦隊ファイブマン(1990)」→「鳥人戦隊ジェットマン(1991)」→「恐竜戦隊ジュウレンジャー(1992)」→「五星戦隊ダイレンジャー(1993)」→「忍者戦隊カクレンジャー(1994)」→「超力戦隊オーレンジャー(1995)」→「激走戦隊カーレンジャー(1996)」→「電磁戦隊メガレンジャー(1997)」→「星獣戦隊ギンガマン(1998)」→「救急戦隊ゴーゴーファイブ(1999)」→「未来戦隊タイムレンジャー(2000)」→「百獣戦隊ガオレンジャー(2001)」→「忍風戦隊ハリケンジャー(2002)」→「爆竜戦隊アバレンジャー(2003)」→「特捜戦隊デカレンジャー(2004)」→「魔法戦隊マジレンジャー(2005)」→「轟轟戦隊ボウケンジャー(2006)」→「獣拳戦隊ゲキレンジャー(2007)」→「炎神戦隊ゴーオンジャー(2008)」→「侍戦隊シンケンジャー(2009)」→「天装戦隊ゴセイジャー(2010)」→「海賊戦隊ゴーカイジャー(2011)」→「特命戦隊ゴーバスターズ(2012)」→「獣電戦隊キョウリュウジャー(2013)」→「烈車戦隊トッキュウジャー(2014)」→「手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015)」→「動物戦隊ジュウオウジャー(2016)」→「宇宙戦隊キューレンジャー(2017)」
 
posted by 二葉太郎&INAZO at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック