2017年03月20日

二葉太郎の夢・・・。小さな夢だけど、壮大な夢。

 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 先日、ニュースで、歌手の小田和正氏が来年で70歳を迎えるということで、ニュースになっていました。中には「嘘だろ?」などと、荒唐無稽な意見も掲載されていましたが、確かに、小田さんの声の衰えのなさは奇跡的なものです。

 実は私、子供のころから小田さんのファンで、最初に買ったアルバムも小田和正さんの「Little Tokyo」でした。私は、声真似ももちろんですが、歌真似も昔から趣味で、いろんな人の歌真似ができるようになりました。その中でも、小田さんの歌は、先日、いきなりご紹介したASKA氏同様、思い入れがあり、ずっとカラオケでは歌っております。

 しばらく、声が衰えを見せてきたかな?と思っていたのですが、ここ最近、復活しつつあります。まぁ、技術的な話で少々声の出し方を変えただけなのですが・・・。

 高校、大学のころは、のどで歌っていたので、あっという間に声がかれていたのですが、「車」を購入してから、歌い方が変わりました。運転しながら歌うので、まさか上を向いて運転するわけにはいきません。必然的に顎を引いて腹筋で歌う癖がつきました。それを15年近く続けて、いいときもあれば、悪い時もあるのですが、一つのバロメータとして、原音のオフコースの「さよなら」をどこまでファルセットなしで歌えるかをキーとしています。

 ここ10年近くできなかったのですが、ここ半年、また、いけるようになってきました。

 小さな夢ですが、70歳になっても、オフコースの「さよなら」を原曲通りのキーで歌うことができるよう、日々努力していきたいと思っています。歌唱力も含め、歌真似も皆さんにご披露できるレベルまで、高めていきたいと思います。日々努力です。頑張るです!


posted by 二葉太郎&INAZO at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック