2017年03月11日

3.11 震災から学ぶこと

 みなさん、こんにちは。二葉太郎です。

 本来の予定では、昨年収録した第85回を再アップしようと思ったのですが、先ほど聞いてみて、やはり鮮度が違うと思いましたし、昨年のちょうどこの日収録して、まさかその翌月に、熊本県であれほどの震災が起こるとは、予想だにしていませんでしたので、ちょっと、テンションが違うなと思い、急きょアップは見送りさせていただいて、その代わりといってはなんですが、文章版として少々話させてください。

 今日のテレビは、どの局もあの津波や地震の映像がたくさん流れることでしょう。実際に被害に遭われたみなさまは、とてもじゃないけど視聴にたえないと思います。

 しかし、特に津波の被害に遭わなかった人ほとんどの方は、再度しっかりと目に焼き付けるべきでしょう。特にお子さんをお持ちの方は、子供さんにもしっかり見てほしい映像です。当時小さかったお子さんも、6年たった今日では、もう十分に何が起こったかわかると思います。

 そして、「6年前、こんなことがあったんだよー」だけではなく、2万人近くの人が死亡または行方不明になり、宮城県を中心に発生した地震なのに、九州でも震度2を観測しました。また、併せて、福島第一原発のメルトダウンも発生し、大混乱に陥ったということも併せてお話しいただいた方がより効果があるように思います。

 そして、何よりも、日本は、こういう災害が起こる可能性が常にある国であるということも・・・。

 今から22年前の阪神淡路大震災をはじめ、昨年は熊本地震など、日本全国で地震活動や火山活動が活発化していることは間違いありません。

 原発反対の根拠として、よく「活断層地震」が叫ばれていますが、活断層は、かつて地面がずれて断層になった履歴にすぎません。つまり、これから断層になりそうな場所もあるということです。活断層がないからといって安心はできないということです。もちろん発生確率はほとんどゼロに近いですが・・・・。

 発生確率をいえば、地震自体は、日単位で考えると、0.00001%とかそういうレベルです。しかし、実際に東日本大震災が発生したのも事実です。今回発生したからもう安心!ということももちろんありません。別のところがずれる可能性も十分にあるからです。

 ただし、原発をゼロにしましょう!というのもどうかと思います。今から水力発電所や火力発電所を作る予算も、原発を廃炉にするならとてもじゃないけどありませんし、既存の火力発電所の再稼働を行っても、今度はCO2が急速に増加し、地球温暖化を早める結果になります。

 私たちの生活には、もはや電力は必要不可欠です。震災前まで、原発による電力にかなり頼っていた私たちが突然全部廃炉!というのはいかがなものかと思います。 

 つまり、極論ですが、「日本の原発を全部廃止せよ!」と叫んでいる人は、夜もブレーカーを落として、ろうそくで生活せよ!という覚悟がないといけないということです。

 今使用している電力の半分にするには、どうしましょう・・・・。ここから考えていくと、どれだけ原発に依存していたかがわかるかと思います。

 だからといって、全部再稼働にも問題はあると思いますので、M9.0クラスの地震が想定される太平洋側にある原発については、安全基準を再度見直し、地域もハザードマップを再度検討し、避難経路や避難所の再指定、各家庭では、地震や津波に備えて、緊急時のグッズを備えるなどの対策は必要かと思います。

 昨年の音源でも話していた通り、なにも天災は地震だけではありません。洪水も起きていますし、火山近くのエリアにお住いの方は、火山対策も必要です。

 実際阿蘇山から南へのびる火山帯も活発ですし、伊豆半島につながる火山活動も活発になってきています。一度活発になると、来年には収まるといった、気象現象とはわけが違います。地震の発生サイクルと同様に、活動期に一度入ると何千年も続く可能性があります。つまりもっと活発化してもおかしくありません。

 備えがあっても憂いは生じるものですが、何もしないよりましです。最低限家族の命が助かるような心構えが必要かと思います。

 もう、あんな災害は起こってほしくないのですが、戦争と違って、間違いなくいつかは起こります。いつかわかりません。いつかは必ず起こるものだと肝に銘じておくに越したことはないでしょう。

 これから、毎年「自然の日」とかにして、祝日にするのもいいかもしれません。ホントに、自然の力をまざまざと見せつけられた日です。後世に残すためにも、私たち全員で、今できることから取り掛かりましょう!
posted by 二葉太郎&INAZO at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

昨日アップした内容の中で、補足説明・・・。低周波音波に関する事例について。

低周波音波に関する参考資料.pdf
 みなさん、こんにちは。二葉太郎です。

 個人的に、WBC1次ラウンド、キューバとオーストラリアに連勝で2次ラウンド進出はほぼ間違いないところまで来ました。明日の中国戦も観戦しましょう!!!

 というわけで、昨日アップした犬鳴峠完結編ですが、内容の中で、しきりに音波の話をしておりました。私も環境の仕事としていたのに、全く無知で申し訳ありませんでした。

 環境省のページを調べていたら、平成14年というから、今から実に15年前にこの内容に関する苦情が増加しはじめ、それに伴い、環境省が報告書を出しております。その中の参考資料について掲載しております。興味のある方は、添付のPDFファイルをご覧ください。

 この低周波音の中に、人を不安にさせる要素があるとしきりに訴えておりましたが、心霊現象以外の発生源としてもまとめておりますので、近所にこういう施設がある場合、ご注意ください。

 また、土曜の夜に次回をアップいたします。お楽しみに!
posted by 二葉太郎&INAZO at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

ドラマ「嘘の戦争」をみて思うこと・・・。

 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 突然ですが、みなさん、自分の人生の中で考えうる最悪の「地獄」ってどんなもんでしょうか?いろいろなことが想像されると思います。

 ドラマ「嘘の戦争」を見ていてふと感じました。その人にとっての最悪の「地獄」。地獄には、与える者と受ける者があります。地獄を与えたことがある人の考える地獄とは、所詮たいしたことはありません。子供さんがおられるなら、子供さんが惨殺されるとか、家族みんながばらばらにされるとか、一人残らず殺されるとか・・・。

 おそらくその程度でしょう。

 しかし、地獄を受けた者の考える「地獄」とは、そんなに生易しいものではありません。例えていうなら、子供さんを惨殺・・・。これは1回の所業です。地獄を受けた側は、例えば殺し方一つとっても、悲惨極まる行為を想像します。それでも心はすっきりしない・・・。これが地獄を受けたことがある人間の正常な思考回路です。

 よく、こんな考え方を持っている奴を「サイコパス」とかいう、今風のありきたりなくくりでくくって同類項として避ける傾向にあります。しかし、生まれてからみんな、好き好んで「サイコパス」になったわけではありません。つまり、「サイコパス」になった原因は一つとして同じものはないのです。

 皆さんの身近にも、無意識に地獄を与え続けた人間が、あなたの考える最悪の地獄をはるかに超える地獄を与えようしているかもしれない・・・。それが、ドラマ「嘘の戦争」の主題だと思いました。

 まず、気になる人がひる場合は、その人に取り入る前に、身の安全を最優先にしてください。あなたの周りで接している人が、そのサイコパスにつながっているケースは多くあります。つまりスパイです。気を付けましょう。自分が考える最大限の防御を施してください。



 まぁ、所詮無駄でしょうが。


 蛇足ですが、ホントの地獄の復讐を考えている人は、対象を簡単には殺しません。ゲームが終わってしまうから。

 

 
posted by 二葉太郎&INAZO at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

精神障碍者への偏見が、相変わらず変化がありません・・・。

 みなさんこんばんは。二葉太郎です。

 今日は、怒りを通り越して、相変わらずだなぁ・・・と思うニュースを目にしました。

 ニュースソース:http://news.yahoo.co.jp/pickup/6230408

 <てんかん事故>偏見に苦しむ患者 業務で運転禁止も
 「てんかん」とわかっただけで「内定」取り消しなどなど、偏見がなお広まっているようです。中には、精神病を持っている人=車の運転ができない人などと、バカを通り越したような偏見をもっているアホもたくさんいます。

 「てんかん」をはじめとして、ちゃんと提示できる人というのは、何かしらの治療行為を行って、診断された結果です。当然「てんかん」の症状が出ないように処方箋も出されているでしょうし、きちんと服用していれば、8〜9割は、「てんかん」を起こすことはありません。あとは、「てんかん」を起こす理由を自ら把握して、どうコントロールするかというわけです。

 「てんかん」や「精神病患者」は、例えば事故を起こすからダメ・・・。なら、健常者は事故を起こさないのですか? 健常者は突然倒れたりしないのでしょうか?

 偏見の理由なんて、このようにしょうもない、この程度の理詰めで簡単に論破できるほどの理由しかもっていません。逆に言えば、この程度の理由で、障害者の人生を閉塞させている社会がここにあるわけです。

 ハローワークの職員曰く、「てんかん」などは隠しておいた方がいいといわれるそうです。しかし、今度は、事故を実際に起こして、治療履歴がばれたらばれたで、「なんで先に言わなかったんだ!!!!!」とおしかりを受けるわけです。

 んじゃぁ、先に行っといたらお前らどーしとったん?どうせ不採用とか内業オンリーの部署で、扱いも職員のなかで最低ランク、最低賃金まで落とすのは目に見えています。

 こんなバカげた話があるのでしょうか!!!!。あるんです。これが普通なんです。

 麻薬を吸ったり、人を殺したり・・・前科者は一生差別を受けるといいますが、精神障害になっても一生差別を受けるわけです。そんならいっそ、その辺の社会の蛆虫や暴走族でも数百人殺そうか・・・。とも思います。どうせ迫害を受けるなら・・・ねぇ。
 
posted by 二葉太郎&INAZO at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

プロ野球屈指のおもしろ引退試合・・・。&予告です。

 みなさん、こんにちは。二葉太郎です。

 今日は建国記念日であり、土曜日・・・。祝日であり土曜日・・・・。サラリーマンの皆さんにとっては、なんだか損したような1日ですが、全国的に寒気が居座っております。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 えー、新装開店して早2か月がたちます。先日、ちょいと、新装開店後のオンエア分を聞いていたのですが、その中で、私が、プロ野球の笑える引退試合をお伝えしていたようで・・・・そのリンクをお知らせします。

 元横浜ベイスターズ 小池正晃選手(現コーチ)の引退試合 → 1試合2ホーマー!
 https://www.youtube.com/watch?v=uqekNSxZghE

 残念ながら、王貞治氏の引退試合の動画は、消えていたので、代わりと言っちゃーなんですが、王貞治55歳時の強烈なホームラン(1995年OB戦)をご覧ください。世界一のホームランアーチストのホームランです。
 https://www.youtube.com/watch?v=jr7vVQo4ack

 野球の動画をYOU TUBEで見始めると、日が暮れるのも忘れてしまうくらい、夜なら寝るのを忘れるくらい夢中になってしまいます。

 危険なのであまり見ないようにはしているのですが、何度見ても、いいですねぇ。

 さてさて、土曜の夜は「くさみか!」です。今日も第137回アップいたします。お楽しみに!
posted by 二葉太郎&INAZO at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

ハリーポッターを何度も見て思うこと・・・・。

 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 突然ですが、ハリーポッターを何度も見るほどのフリークなのですが、見れば見るほど、実に対照的でいろんな要素を含んでいながら、本筋は実に単純明快だと改めて思います。だからこそ、人気があるのだと。

 純粋な悪の化身、ヴォルデモートと、勇敢に立ち向かうハリーポッターと仲間たち。

 この構図を現代社会に置き換えると、非常にわかりやすいと思うんです。

 つまり、主役がハリーポッターではなくヴォルデモートなら、1話で終わるということです。

 何が言いたいかというと、人間、「悪」に生きることほど楽なことはないのです。まぁ、当たり前なのですが。

 私が今書いているブログは、人生の幸せにたどり着くための考え方を4つに分けて書いております。幸せを得るためには、健康でなくてはなりません。お金もある程度必要です。

 この2つ、「悪」に徹したら簡単に手に入るから楽なのです。

 もう語る必要もないのでしょうが、健康を著しく損なう万病のもと「ストレス」。これを解消するには、気に入らない人間を片っ端から殺していけばいいわけです。

 お金も、あるところから盗んでしまえばいいわけです。盗めないなら殺せばいい。

 極めて簡単なことです。しかし、それでは、人類は死に絶えてしまいます。まさに「北斗の拳」状態になるでしょう。力が世の中を支配する時代になるわけです。
 
 ヴォルデモートが主役なら、立ち向かってくる奴を片っ端から殺して、悪=魔力が世界を制覇する世の中を手にする・・・。1時間ドラマで終わる内容です。

 つまり、正しいことを貫くことの大変さを改めてこの映画は教えてくれています。

 私は、心の病になったことに対して、しばらく自分で自分を責め続けていました。「自分は弱いやつだ」と。子供のころ、先生にも言われたことがあります。

 しかし、この映画では、まったく逆のメッセージを全編にわたって、様々なキャラクターが様々な方法で「正義」を貫こうと努力しています。魔法の世界、秩序をフィクションの世界で作り上げ、全編にわたって、正しいことを貫くことのつらさ、大変さ、そして仲間の大切さを訴えている「J・K・ローリングス」さんに改めて敬意を表したい。

 この映画を何度も見ることによって、最近ようやく自分に言えるようになりました。「誰よりも正しいことを貫こうと戦った証だ」と。

 そして、この生き方は、私が死ぬまで変わりえないものだと。

 不朽の名作は、何度も見るたびにいろんなことを教えてくれます。それが映画の素晴らしいところだし、ひいては役者の生きがいなのかもしれません。

 なんとなく、思ったことをつらつらと書き連ねてみました。
posted by 二葉太郎&INAZO at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

収録後日談・・・・

 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 さてさて、こないだの日曜日(1/22)に収録を行ってまいりました。FACEBOOKをご覧の皆さんは、先刻ご承知かと思いますが、INAZO氏とともに丸星ラーメンをいただいてまいりました。

 丸星ラーメンというと、1人で行くことが多いのですが、やはり、素朴な味ほど、大人数で食べる方が何倍もおいしいですね。料理の味もさることながら、だれと食べるかというのも大きな要因かもしれません。

 さて、今回の収録は、二葉的にはたいへん体力を使いました・・・・。

 一つ目は、ついにあの企画の第2弾が登場します。そうです。「朝までバカラジオ」の第2弾。今回はさらにパワーアップしてお送りしています。ボリュームも大変アップしておりますので、お時間を必要としてしまいますが・・・勢いで収録してすみません。

 二つ目は、新企画というか、最初で最後になると思います。

 二葉太郎の真剣生歌をご披露いたします。具体的には、アップ直前にご報告いたしますが、多分、権利上の問題も絡んでくると思いますので、これを試験的にアップしてみて、その後を決めようかと思ってます。まぁ、替え歌メドレーなどの企画には使えるかもしれませんが・・・・。

 二葉太郎自体も、ザ・ベストテンの地方に行っている歌手がやっているみたいに、ヘッドフォンでモニタリングしながら、歌うということは、初めてです。しかも、ハモリの部分も別撮りで収録して、きっとお二人で歌ったらこんなテイストになるのかな?という期待を込めて作りこんでみました。さて誰の何をうたったのでしょうか?

 今後のアップ予定ですが、

 1月28日(土)第133回 サラリーマンの過酷な現状_やめるべき人_やめる前にちょっと考えて!

 2月 1日(水)第134回 朝までバカラジオ第2弾_2017年を国際経済スポーツで斬る撃つKILL

 2月 4日(土)第135回 #135_芸能界に角界が騒がしい_二葉が真剣に●●●●●●●●●●生歌披露

 というスケジュールでアップしてまいります。

 どうぞお楽しみに!
posted by 二葉太郎&INAZO at 20:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

芸能人のあかん飯大集合10連発!!!(昔あってたアカン警察から・・・)

みなさん、こんばんは。二葉太郎です。
 
さぁて今日は、芸能人のあかん飯10連発いってみましょう!!!なお、肖像権等の問題で画像は載せません。興味がある人は、検索してみてください。ひょっとしたら動画そのものが残っているかもです。
また、勝手にお試し難易度(1〜5 5が勇気がいるよ)、味の予想(1〜5 5がおいしいよ)を付けてみました。
 
それでは、いってみよ!!!!(浜ちゃん風)
 
@SKE48 松井珠理奈さんのあかん飯
みかん+海苔+醤油
難易度:3 味の予想:3
正直言って想像つきません。また試すのもやや勇気がいる感じです。ただ、食材自体は安 いので、お試しできないこともないのですが・・・・。
 
Aローラさんのあかん飯
牛乳+ご飯+砂糖
難易度:1 味の予想:3
息子がはまっていました。タピオカミルクみたいなものかな?と簡単に試してみたのですが、味はいまいち・・・・・。
B嵐 松本潤さんのあかん飯
ハチミツ+トースト+マヨネーズ
難易度:1 味の予想:4
これって、簡単にできるし、案外うまそうな感じです。ハチミツとトーストは合うし、トーストとマヨネーズの相性も抜群。ならば・・・・。と思ってしまいます。間違ってもゲロはないでしょう。
C高橋みなみさんのあかん飯
かつ丼(かつとじ丼)+生クリームたっぷり
難易度:4 味の予想:1
私的には、これがいちばんあかんのでは?と思ってます。わざわざかつ丼に生クリームをたっぷりかけねばならない勇気と費用、さらに味的には下手すると「ゲロ」ものかもしれまんせん。

D三浦春馬さんのあかん飯
納豆+キムチ+トースト
難易度:1 味の予想:5
これは、間違いなくうまいと思います。これ、トーストではなくご飯にのせても最高の味だと思います。納豆キムチはやったこともあるし、飲み屋さんのメニューでもあります。これにチーズを加えてもうまいような気がします。
ESKE48 松井玲奈さんのあかん飯
とんこつラーメンにメロンパンをひたす・・・。
難易度:5 味の予想:1
これは、ある意味怖いです。私は福岡の人なので、とんこつラーメンをよく食しており、また、メロンパンもよく食しております。この二つがドッキングしたら・・・・ゲロっぱ!!!
F菊地亜美さんのあかん飯
ご飯+ポテトチップス+マヨネーズ
難易度:2 味の予想:5
これは、そろえるのが少々大変ですし、がっつり混ぜないといけないので、見た目上ちょっと勇気がいりますが、味は私も試したことがあります。かなりうまいです。お試しあれ!
G道端アンジェリカさんのあかん飯
煮物+タバスコ
難易度:3 味の予想:2
これは、日本人にはあり得ないコンビですね。でも煮物に一味唐辛子は結構合うのであります。牛肉の煮込みなどにはむしろおいしくなるので、煮物によっては合うかも。
H武藤敬司さんのあかん飯
ステーキ+あんこ
難易度:5 味の予想:2
これは、庶民にはなかなか試すのに勇気がいるコンビです。その割に味は期待できない感じがします。まぁ、甘目のソースが合うケースもあるのですが、わざわざあんこを準備してかけるなど・・・・。できない・・・。
I新庄剛志さんのあかん飯
フライドチキン+イチゴジャム
難易度:3 味の予想:2
これは、カナダの食べ方に似ているかもしれません。カナダはメイプルシロップの産地。なんでもかんでもメイプルシロップをかけるそうです。それに似てるのかとも思いますが、わざわざかけないでもとおもいます。
 
いかがでしょうか?当時、8チャンネルで日曜の午後8時に放送されていた「アカン警察」の1コーナーであった「あなたのあかん飯教えて!!!」。が、このブログのおおもとなのですが、これら、試してみる勇気ある?????
 
ちなみに私は、AローラさんとF菊地亜美さんのあかん飯は試しました。
 
Aローラさんの奴は、私の子供たちが意外にはまっていました。わたしはいまいち・・・
F菊地亜美さんの奴は、まじでうまかったです。私は、コンソメパンチを砕いたやつがメチャクチャうまかったです。食感も抜群。これはおすすめです。
 
さぁ、みんなで試してみよう!!!!!!
posted by 二葉太郎&INAZO at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

未来を予想するうえで避けては通れないもの・・・・IS国

みなさん、こんばんは。二葉太郎です。
 
 さてさて、タイトルにもかいたとおり、いろんなニュースが飛び込んでくる中、将来を考えるうえでどうしても避けては通れないニュース。勇気を出してまいります。
 
 平成29年1月2日二葉太郎の一押しニュース
 
 トルコで銃乱射、39人死亡=新年祝うクラブでテロ―外国人も犠牲、ISが犯行声明 
 
 ニュースソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170102-00000033-jij-m_est 
 
 実は、ハッピーニューイヤーのお祭り騒ぎの直後に発生したテロで、おそらくそうかなと思ったのですが、今日になって、ISが犯行声明を出してきました。
 
 おととしだったか、テレビを見ていたら、池上彰氏が、IS国の活動計画の趣旨と時間を説明していたのがどうしても頭を離れません。
 
 つまり、2016年から2020年までに計画は大詰めに達し、世界を相手に戦う時期と示されているとのことでした。
 
 2017年元日からのテロ、なんか、トルコのイスタンブールだけでなく、ISが「今年は覚悟しろよ!」といっているような気がして仕方がないのです。どうなるかはわかりませんが、今後数年、注視する必要がありそうです。
posted by 二葉太郎&INAZO at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

スーパー戦隊シリーズの歴史・・・。来年はなんと9人組!!!

平成28年12月26日二葉太郎の一押しニュース
 
<スーパー戦隊シリーズ>次作はなんと9人組「宇宙戦隊キューレンジャー」
 
 いやいや、やりますな。キャラ付けだけでも大変だろうというのに、9人組・・・・。大体戦隊シリーズは色で分けられているのですが、我々が子供のころは、大体「赤」がリーダーであと、青、黄、緑、桃。桃色がたいていの場合紅一点という感じでしたが、9人いるとどうなるのでしょうか?その辺から、興味がわいたことと、名前が「キューレンジャー」と、「ゴレンジャー」に原点回帰している点に興味がわきました。久しぶりに見てみようかな?
 
 しかし、スーパー戦隊シリーズは、次作でなんと、41作目だそうで・・・。
 記念すべき第1作目は、「秘密戦隊ゴレンジャー」で、1975年(昭和50年)4月に放映開始だそうです。1975年といえば、そう、私が生誕した記念の年。まさにスーパー戦隊シリーズは私の歴史といっても・・・過言でした。すみません・・・。
 
 スーパー戦隊シリーズと同格をなすのが、「仮面ライダーシリーズ」と「ウルトラマンシリーズ」でしょう。「ウルトラマンシリーズ」は、毎年というわけではないのですが、「スーパー戦隊シリーズ」と「仮面ライダーシリーズ」は、今でも、ほぼ毎年スタイルを変えて制作されています。
 
 特徴もわかりやすく、「ウルトラマンシリーズ」は、「巨大化」。「仮面ライダーシリーズ」は「変身ポーズ」。であるのに対し、スーパー戦隊シリーズは団体戦でした。これまでの40作はすべて「5人組」か「3人組」で構成されています。
 
 それが今回は9人組とは・・・・。7人ではなく9人とは・・・・。ちょっと見てみたくなりました。
 
 あなたの一番印象に残る戦隊シリーズはなんですか?
 ちなみに、「スーパー戦隊シリーズ」は以下の通りです。
 「秘密戦隊ゴレンジャー(1975-76)」→「ジャッカー電撃隊(1977)」→「バトルフィーバーJ(1979)」 →「電子戦隊デンジマン(1980)」→「太陽戦隊サンバルカン(1981)」→「大戦隊ゴーグルファイブ(1982)」→「科学戦隊ダイナマン(1983)」→「超電子バイオマン(1984)」→「電撃戦隊チェンジマン(1985)」→「超新星フラッシュマン(1986)」→「光戦隊マスクマン(1987)」→「超獣戦隊ライブマン(1988)」→「高速戦隊ターボレンジャー(1989)」→「地球戦隊ファイブマン(1990)」→「鳥人戦隊ジェットマン(1991)」→「恐竜戦隊ジュウレンジャー(1992)」→「五星戦隊ダイレンジャー(1993)」→「忍者戦隊カクレンジャー(1994)」→「超力戦隊オーレンジャー(1995)」→「激走戦隊カーレンジャー(1996)」→「電磁戦隊メガレンジャー(1997)」→「星獣戦隊ギンガマン(1998)」→「救急戦隊ゴーゴーファイブ(1999)」→「未来戦隊タイムレンジャー(2000)」→「百獣戦隊ガオレンジャー(2001)」→「忍風戦隊ハリケンジャー(2002)」→「爆竜戦隊アバレンジャー(2003)」→「特捜戦隊デカレンジャー(2004)」→「魔法戦隊マジレンジャー(2005)」→「轟轟戦隊ボウケンジャー(2006)」→「獣拳戦隊ゲキレンジャー(2007)」→「炎神戦隊ゴーオンジャー(2008)」→「侍戦隊シンケンジャー(2009)」→「天装戦隊ゴセイジャー(2010)」→「海賊戦隊ゴーカイジャー(2011)」→「特命戦隊ゴーバスターズ(2012)」→「獣電戦隊キョウリュウジャー(2013)」→「烈車戦隊トッキュウジャー(2014)」→「手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015)」→「動物戦隊ジュウオウジャー(2016)」→「宇宙戦隊キューレンジャー(2017)」
 
posted by 二葉太郎&INAZO at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする