2017年04月14日

だいぶ暖かくなってきましたねぇ…。

 みなさんこんばんは。二葉太郎です。

 さてさて、4月に入り、福岡県地方はようやく春の陽気になってまいりました。今日は午後3時ごろで25度を記録。暖かいを通り越して、「暑い」感じになってきました。

 この数週間、熱いよ寒いよが続いておりましたが、皆さん体調はいかがでしょうか?お元気でしょうか?

 さて、明日は第150回をアップいたします。

 早いもので、150回ですよ。よーしゃべってきたなぁ。よー続いとるなぁと手前みそですが、感慨深いものがあります。INAZOのテンションの乱高下に振り回されながら、多くの皆様のご支援のおかげでここまでくることができました。

 また、この「くさみか!」を通して、新たにできたご縁もたくさんございます。このご縁を大切にしながら、よりよい????とはいかないかもしれませんが、ある程度好き勝手に、でも今までのテイストを崩さず、邁進していこうと思っております。

 総アクセス数も、最近報告しておりませんでしたが、約1年9か月で、14万アクセス。来場者も延べ4万人に達しております。

 日ごろのアクセス数が、私たちのモチベーションになっております。

 これからも頑張りますので、お誘いあわせの上、「AMテイストが好き!」という方はぜひぜひお聴きください。頑張ります。
posted by 二葉太郎&INAZO at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

いやはや・・・。諸悪の根源、実は意外なところにって感じです。

 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 思い起こせば、昨年の夏以来、どーもいろんなことがあって、ようやく平成29年度になってリスタート!という感じになってきました。

 人生とは?と、大げさなことではないのですが、まぁ、毎日生きていると、いろんなことがあります。ことに、ラジオをやっていると、特に日々の出来事に敏感にしなければならないので、日々の変化は目まぐるしいのですが、番組の存続を危うくするような出来事も起これば、逆に番組にとっておいしい出来事も起こるわけで・・・。

 番組にとっておいしい出来事は、そのまま話すこともあれば、脚色をして話すこともあるのですが、こと、番組の存続を危うくするような出来事が起こった場合、なかなか平静を装っていても、変化が出ているもんですね。

 この「くさみか!」の収録も、現時点で152回分収録しているのですが、第1回から改めて聞き直しています。そうすると、おそらくしゃべっている人しか気付かないでしょうが、やはり起こった出来事とそのときの収録の出来を見ると、見事にリンクしているものです。

 そして、どちらかというと負の出来事を、改めて振り返ってみると、案外、キーとなるものは単純だったりするのですねぇ。キーファクターだったり、キーパーソンであったり・・・。

 ラジオを始めて間もなく2年。ホントにいろんなことがありました。たくさんのご支援もいただいて、ここまでやってきました。

 たくさんのリスナーさんに支えられてここまで来たのですが、今後何十年と続けていくにあたって、改めてこの「ポッドキャスト」の位置をしっかり考えていかないといけないなと思います。つまりは、私事になるだけ振り回されない位置づけというのが大切なのかもしれません。

 そんなことを念頭に置きながら、昨年12月からリニューアルしております。今後もいろんなことを試しながら、思いついたことは実行に移しながら、なるだけ楽しめるトークを展開していきます。

 今度のアップは、4月8日(土)を予定しております。第149回もお楽しみに!
posted by 二葉太郎&INAZO at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

二葉太郎の夢・・・。小さな夢だけど、壮大な夢。

 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 先日、ニュースで、歌手の小田和正氏が来年で70歳を迎えるということで、ニュースになっていました。中には「嘘だろ?」などと、荒唐無稽な意見も掲載されていましたが、確かに、小田さんの声の衰えのなさは奇跡的なものです。

 実は私、子供のころから小田さんのファンで、最初に買ったアルバムも小田和正さんの「Little Tokyo」でした。私は、声真似ももちろんですが、歌真似も昔から趣味で、いろんな人の歌真似ができるようになりました。その中でも、小田さんの歌は、先日、いきなりご紹介したASKA氏同様、思い入れがあり、ずっとカラオケでは歌っております。

 しばらく、声が衰えを見せてきたかな?と思っていたのですが、ここ最近、復活しつつあります。まぁ、技術的な話で少々声の出し方を変えただけなのですが・・・。

 高校、大学のころは、のどで歌っていたので、あっという間に声がかれていたのですが、「車」を購入してから、歌い方が変わりました。運転しながら歌うので、まさか上を向いて運転するわけにはいきません。必然的に顎を引いて腹筋で歌う癖がつきました。それを15年近く続けて、いいときもあれば、悪い時もあるのですが、一つのバロメータとして、原音のオフコースの「さよなら」をどこまでファルセットなしで歌えるかをキーとしています。

 ここ10年近くできなかったのですが、ここ半年、また、いけるようになってきました。

 小さな夢ですが、70歳になっても、オフコースの「さよなら」を原曲通りのキーで歌うことができるよう、日々努力していきたいと思っています。歌唱力も含め、歌真似も皆さんにご披露できるレベルまで、高めていきたいと思います。日々努力です。頑張るです!


posted by 二葉太郎&INAZO at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

つ、つ、ついにきたーーーーー。

 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 ついに、Seesaaの空き容量に限界がきたーーーー。というわけで、最初のほうから消していく作業が必要になるかもです。面白くないものからドンドン消していきますので、悪しからずご了承ください。

 突然ですが、渡瀬恒彦さんの訃報を聞き、残念でなりません。

 映画紹介なのですが、渡瀬さんの代表作として「震える舌」というものが上がっていました。私がある意味何度も見ている映画です。

 この映画は、とにかくすごいです。そして、子供を持つ親として確実に感動する映画です。

 何がすごいかというと、

 @「破傷風」という病気の怖さ、恐ろしさ、昭和50年代の日本。俺らも危険な綱渡りをしていたな・・・。ということを痛感すること。

 A主演の女の子の演技がすごすぎて、ぞくぞくします。ある意味ホラー映画?でもこれは現実なのです。というテイストが如実に出ている映画。

 B当時、2万人に1人といわれた破傷風にかかった子を持つお父さん(渡瀬恒彦さん)、お母さん(十朱幸代さん)の心の動きが身に刺さる映画。

 C大学病院教授役の宇野重吉氏が、今の寺尾聡氏(親子)にそっくりだなぁ・・・親子って似てるなぁとあらためて感じる映画・・・。

 Cはどーでもいいですが、@~Bについては、ホントにリアリズムを追求した映画といってもいいかもしれません。その中で名演技をする渡瀬恒彦さん。4月からの9係に意欲を燃やしておられたようですが、残念でなりません。

 ご存知の方も多いと思いますが、当時、お兄さんの渡哲也さんが、石原プロで花形スターとして大活躍されている間、あまり目立たないものの、いろんな映画に出演されています。自然な雰囲気と、きれいな低音ボイスが印象的な人でした。また昭和の素敵な俳優さんを失ってしまいました。謹んでご冥福をお祈りいたします。
posted by 二葉太郎&INAZO at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

WBC2次ラウンド開始!!!

 みなさん、こんばんは。今、2次ラウンド第1試合、オランダ戦が行われております。現在9回表日本の攻撃中。6−5の僅差で日本リードの状態です。
 
 8回裏、1アウト満塁という絶体絶命の場面で、日本ハムの増井投手が見事なピッチング。無失点に抑えて最終回へ進んでいます。

 先発はソフトバンクホークスのバンデンハーク投手。5失点と乱調でしたが、ストレートの球威は終始150km/h越えと調子はしっかり戻ってきていますし、4番のヤクルトバレンティン選手も2ランホームランを放つなど、日本に来ている助っ人勢が活躍しているのがここまでの特徴です。

 しかし、予選ラウンドで大波乱。台湾と韓国が所属する予選ラウンドで、どちらも予選敗退。オランダはともかく、イスラエルが快進撃を続けています。2次ラウンドも、キューバに4−1で快勝。

 このリーグ、オランダ戦を落とすようなことがあれば、ちょっと危険です。

 それにしても、この4年間で、野球の実力図が変わってしまっている感じがします。特にヨーロッパと中東です。今は、メジャーリーグと同様に日本のプロ野球リーグに来ることも、一つのステータスアップとして、世界中で認められるまでになってきました。

 メジャーや日本だけでなく、メキシコ、プエルトリコなどなど独立リーグの実力もドンドンアップしており、それらのリーグにも世界中から選手が集まっているという状況です。

 2020年の野球がオリンピックで正式種目に返り咲きますが、おおよそ力関係は変わってしまっているかもしれませんし、参加可能国も大幅に増加しそうです。

 日本のプロ野球もうかうかしていられない現状かもしれません。まぁそっちの方が、侍としてはやりがいがありますが・・・・

 つまり、WBCの第1回とは、敵のレベルがまったくと言っていいほど違っているということです。アメリカ、ドミニカ、ベネズエラをはじめイスラエル、イタリア、オランダなどなど、強豪国がドンドン増えています。これからが楽しみですね!

 とにかく、現在9回裏、楽天の則本投手が上がっています!頑張れ!侍!
posted by 二葉太郎&INAZO at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

3.11 震災から学ぶこと

 みなさん、こんにちは。二葉太郎です。

 本来の予定では、昨年収録した第85回を再アップしようと思ったのですが、先ほど聞いてみて、やはり鮮度が違うと思いましたし、昨年のちょうどこの日収録して、まさかその翌月に、熊本県であれほどの震災が起こるとは、予想だにしていませんでしたので、ちょっと、テンションが違うなと思い、急きょアップは見送りさせていただいて、その代わりといってはなんですが、文章版として少々話させてください。

 今日のテレビは、どの局もあの津波や地震の映像がたくさん流れることでしょう。実際に被害に遭われたみなさまは、とてもじゃないけど視聴にたえないと思います。

 しかし、特に津波の被害に遭わなかった人ほとんどの方は、再度しっかりと目に焼き付けるべきでしょう。特にお子さんをお持ちの方は、子供さんにもしっかり見てほしい映像です。当時小さかったお子さんも、6年たった今日では、もう十分に何が起こったかわかると思います。

 そして、「6年前、こんなことがあったんだよー」だけではなく、2万人近くの人が死亡または行方不明になり、宮城県を中心に発生した地震なのに、九州でも震度2を観測しました。また、併せて、福島第一原発のメルトダウンも発生し、大混乱に陥ったということも併せてお話しいただいた方がより効果があるように思います。

 そして、何よりも、日本は、こういう災害が起こる可能性が常にある国であるということも・・・。

 今から22年前の阪神淡路大震災をはじめ、昨年は熊本地震など、日本全国で地震活動や火山活動が活発化していることは間違いありません。

 原発反対の根拠として、よく「活断層地震」が叫ばれていますが、活断層は、かつて地面がずれて断層になった履歴にすぎません。つまり、これから断層になりそうな場所もあるということです。活断層がないからといって安心はできないということです。もちろん発生確率はほとんどゼロに近いですが・・・・。

 発生確率をいえば、地震自体は、日単位で考えると、0.00001%とかそういうレベルです。しかし、実際に東日本大震災が発生したのも事実です。今回発生したからもう安心!ということももちろんありません。別のところがずれる可能性も十分にあるからです。

 ただし、原発をゼロにしましょう!というのもどうかと思います。今から水力発電所や火力発電所を作る予算も、原発を廃炉にするならとてもじゃないけどありませんし、既存の火力発電所の再稼働を行っても、今度はCO2が急速に増加し、地球温暖化を早める結果になります。

 私たちの生活には、もはや電力は必要不可欠です。震災前まで、原発による電力にかなり頼っていた私たちが突然全部廃炉!というのはいかがなものかと思います。 

 つまり、極論ですが、「日本の原発を全部廃止せよ!」と叫んでいる人は、夜もブレーカーを落として、ろうそくで生活せよ!という覚悟がないといけないということです。

 今使用している電力の半分にするには、どうしましょう・・・・。ここから考えていくと、どれだけ原発に依存していたかがわかるかと思います。

 だからといって、全部再稼働にも問題はあると思いますので、M9.0クラスの地震が想定される太平洋側にある原発については、安全基準を再度見直し、地域もハザードマップを再度検討し、避難経路や避難所の再指定、各家庭では、地震や津波に備えて、緊急時のグッズを備えるなどの対策は必要かと思います。

 昨年の音源でも話していた通り、なにも天災は地震だけではありません。洪水も起きていますし、火山近くのエリアにお住いの方は、火山対策も必要です。

 実際阿蘇山から南へのびる火山帯も活発ですし、伊豆半島につながる火山活動も活発になってきています。一度活発になると、来年には収まるといった、気象現象とはわけが違います。地震の発生サイクルと同様に、活動期に一度入ると何千年も続く可能性があります。つまりもっと活発化してもおかしくありません。

 備えがあっても憂いは生じるものですが、何もしないよりましです。最低限家族の命が助かるような心構えが必要かと思います。

 もう、あんな災害は起こってほしくないのですが、戦争と違って、間違いなくいつかは起こります。いつかわかりません。いつかは必ず起こるものだと肝に銘じておくに越したことはないでしょう。

 これから、毎年「自然の日」とかにして、祝日にするのもいいかもしれません。ホントに、自然の力をまざまざと見せつけられた日です。後世に残すためにも、私たち全員で、今できることから取り掛かりましょう!
posted by 二葉太郎&INAZO at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

昨日アップした内容の中で、補足説明・・・。低周波音波に関する事例について。

低周波音波に関する参考資料.pdf
 みなさん、こんにちは。二葉太郎です。

 個人的に、WBC1次ラウンド、キューバとオーストラリアに連勝で2次ラウンド進出はほぼ間違いないところまで来ました。明日の中国戦も観戦しましょう!!!

 というわけで、昨日アップした犬鳴峠完結編ですが、内容の中で、しきりに音波の話をしておりました。私も環境の仕事としていたのに、全く無知で申し訳ありませんでした。

 環境省のページを調べていたら、平成14年というから、今から実に15年前にこの内容に関する苦情が増加しはじめ、それに伴い、環境省が報告書を出しております。その中の参考資料について掲載しております。興味のある方は、添付のPDFファイルをご覧ください。

 この低周波音の中に、人を不安にさせる要素があるとしきりに訴えておりましたが、心霊現象以外の発生源としてもまとめておりますので、近所にこういう施設がある場合、ご注意ください。

 また、土曜の夜に次回をアップいたします。お楽しみに!
posted by 二葉太郎&INAZO at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

ドラマ「嘘の戦争」をみて思うこと・・・。

 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 突然ですが、みなさん、自分の人生の中で考えうる最悪の「地獄」ってどんなもんでしょうか?いろいろなことが想像されると思います。

 ドラマ「嘘の戦争」を見ていてふと感じました。その人にとっての最悪の「地獄」。地獄には、与える者と受ける者があります。地獄を与えたことがある人の考える地獄とは、所詮たいしたことはありません。子供さんがおられるなら、子供さんが惨殺されるとか、家族みんながばらばらにされるとか、一人残らず殺されるとか・・・。

 おそらくその程度でしょう。

 しかし、地獄を受けた者の考える「地獄」とは、そんなに生易しいものではありません。例えていうなら、子供さんを惨殺・・・。これは1回の所業です。地獄を受けた側は、例えば殺し方一つとっても、悲惨極まる行為を想像します。それでも心はすっきりしない・・・。これが地獄を受けたことがある人間の正常な思考回路です。

 よく、こんな考え方を持っている奴を「サイコパス」とかいう、今風のありきたりなくくりでくくって同類項として避ける傾向にあります。しかし、生まれてからみんな、好き好んで「サイコパス」になったわけではありません。つまり、「サイコパス」になった原因は一つとして同じものはないのです。

 皆さんの身近にも、無意識に地獄を与え続けた人間が、あなたの考える最悪の地獄をはるかに超える地獄を与えようしているかもしれない・・・。それが、ドラマ「嘘の戦争」の主題だと思いました。

 まず、気になる人がひる場合は、その人に取り入る前に、身の安全を最優先にしてください。あなたの周りで接している人が、そのサイコパスにつながっているケースは多くあります。つまりスパイです。気を付けましょう。自分が考える最大限の防御を施してください。



 まぁ、所詮無駄でしょうが。


 蛇足ですが、ホントの地獄の復讐を考えている人は、対象を簡単には殺しません。ゲームが終わってしまうから。

 

 
posted by 二葉太郎&INAZO at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

精神障碍者への偏見が、相変わらず変化がありません・・・。

 みなさんこんばんは。二葉太郎です。

 今日は、怒りを通り越して、相変わらずだなぁ・・・と思うニュースを目にしました。

 ニュースソース:http://news.yahoo.co.jp/pickup/6230408

 <てんかん事故>偏見に苦しむ患者 業務で運転禁止も
 「てんかん」とわかっただけで「内定」取り消しなどなど、偏見がなお広まっているようです。中には、精神病を持っている人=車の運転ができない人などと、バカを通り越したような偏見をもっているアホもたくさんいます。

 「てんかん」をはじめとして、ちゃんと提示できる人というのは、何かしらの治療行為を行って、診断された結果です。当然「てんかん」の症状が出ないように処方箋も出されているでしょうし、きちんと服用していれば、8〜9割は、「てんかん」を起こすことはありません。あとは、「てんかん」を起こす理由を自ら把握して、どうコントロールするかというわけです。

 「てんかん」や「精神病患者」は、例えば事故を起こすからダメ・・・。なら、健常者は事故を起こさないのですか? 健常者は突然倒れたりしないのでしょうか?

 偏見の理由なんて、このようにしょうもない、この程度の理詰めで簡単に論破できるほどの理由しかもっていません。逆に言えば、この程度の理由で、障害者の人生を閉塞させている社会がここにあるわけです。

 ハローワークの職員曰く、「てんかん」などは隠しておいた方がいいといわれるそうです。しかし、今度は、事故を実際に起こして、治療履歴がばれたらばれたで、「なんで先に言わなかったんだ!!!!!」とおしかりを受けるわけです。

 んじゃぁ、先に行っといたらお前らどーしとったん?どうせ不採用とか内業オンリーの部署で、扱いも職員のなかで最低ランク、最低賃金まで落とすのは目に見えています。

 こんなバカげた話があるのでしょうか!!!!。あるんです。これが普通なんです。

 麻薬を吸ったり、人を殺したり・・・前科者は一生差別を受けるといいますが、精神障害になっても一生差別を受けるわけです。そんならいっそ、その辺の社会の蛆虫や暴走族でも数百人殺そうか・・・。とも思います。どうせ迫害を受けるなら・・・ねぇ。
 
posted by 二葉太郎&INAZO at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

プロ野球屈指のおもしろ引退試合・・・。&予告です。

 みなさん、こんにちは。二葉太郎です。

 今日は建国記念日であり、土曜日・・・。祝日であり土曜日・・・・。サラリーマンの皆さんにとっては、なんだか損したような1日ですが、全国的に寒気が居座っております。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 えー、新装開店して早2か月がたちます。先日、ちょいと、新装開店後のオンエア分を聞いていたのですが、その中で、私が、プロ野球の笑える引退試合をお伝えしていたようで・・・・そのリンクをお知らせします。

 元横浜ベイスターズ 小池正晃選手(現コーチ)の引退試合 → 1試合2ホーマー!
 https://www.youtube.com/watch?v=uqekNSxZghE

 残念ながら、王貞治氏の引退試合の動画は、消えていたので、代わりと言っちゃーなんですが、王貞治55歳時の強烈なホームラン(1995年OB戦)をご覧ください。世界一のホームランアーチストのホームランです。
 https://www.youtube.com/watch?v=jr7vVQo4ack

 野球の動画をYOU TUBEで見始めると、日が暮れるのも忘れてしまうくらい、夜なら寝るのを忘れるくらい夢中になってしまいます。

 危険なのであまり見ないようにはしているのですが、何度見ても、いいですねぇ。

 さてさて、土曜の夜は「くさみか!」です。今日も第137回アップいたします。お楽しみに!
posted by 二葉太郎&INAZO at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする