2017年04月24日

ゴールデンウィークもまじかに迫ってまいりまいた。皆さんお元気ですか?

 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 昨日、というか夕べは、また収録の旅にでました。なんでも、1943年ごろ、そうです、戦争中に「大東亜共栄圏構想」というものがありまして、これが実現したら、首都を遷都するという計画が上がっていたそうです。候補地は3か所。そのうちの1か所が、なんと福岡県八女郡福島町(現在の八女市の中心地)だったそうです。

 こりゃぁ、行くしかあるまいということで、収録に行ってまいりました。

 とうぜん、現在の八女市は、2010年の統計で約69,000人(隣接する黒木町、矢部村、立花町、上陽町を合併後の人口)。現在の東京は周辺もいれると2,000万人近くが住んでいる世界一人口密集している都市と比較すれば、地方都市中の地方都市です。

 しかし、ここが首都になっていたら・・・。隣接する久留米市はもちろん、筑紫平野に広がる街(佐賀県も含む)は、今の東京湾岸よろしく、恐ろしい町になっていたことでしょう。関東平野に筑紫平野。広さは10分の1ですが、近隣の福岡市、北九州市などなどを入れると、面積は関東平野に匹敵する広さになります。

 もちろん、敗戦とともにこの計画も消えてしまったのですが、今思うと、消えてくれてよかったと心から思います。ずーーーっと福岡で育って東京に行っている人も友人でたくさんいますが、やはり、故郷という判官びいきを除いても、福岡の方が断然住みやすいと異口同音にみんな言います。

 しかし、一方で、この60年の間に実に95万人も人口が増えている福岡市。その近隣も含めると、軽く150万人は増えています。この先福岡エリアはどーなるのでしょう・・・。不安と期待でいっぱいです。
posted by 二葉太郎&INAZO at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

くさみか!に恰好のニュースが飛び込んでまいりました。

 みなさん、こんにちは。二葉太郎です。

 ポッドキャストをアップすると、ホントにたくさんの方に聞いていただけるようになりました。ホントに感謝感謝でごさいます。ホントに皆さんありがとうござます。

 飽きないように、でもいつものテイストはそのままに、ポッドキャストを続けていきます!よろしくお願いいたします。

 そんな「くさみか!」に恰好のニュースが・・・

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6237460

 もし、首都が、福岡県八女市に遷都されたら・・・・。これを八女市に行ってとってみようかと思っています。ホントにどーなっていたのでしょうね。八女市。

 八女市というと、私のふるさと久留米市から南へ10km強いったところです。八女茶や八女人形などが有名なこじんまりとした街です。

 それでも昔は、黒木線という国鉄のローカル線が通っていました。国鉄末期の赤字ローカル線を徹底的に廃止する中、この黒木線も廃止されました。

 八女の中心部に「筑後福島駅」がありました。もしも遷都されていれば、この「筑後福島駅」が「東京駅」みたいになっていたのでしょう。そうすると・・・・。

 いろんな角度からしゃべってみたいと思います。
posted by 二葉太郎&INAZO at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

第151回 人としての三大原則_二葉総一郎のあなたの気持ちがわからない<第1回>



 みなさん、こーんばーんわー。さたでーないとがやってまいりました。さたでーないといずくさみか!もだいぶ定着して幾何と思います。

 今回は、平泉征と藤岡弘、と淡谷のり子のくさみか!ではありません・・・。叫んではおりますが・・・。

 前半は、人として♪・・・海援隊でおなじみの名曲「人として」。この人としてこうあるべきじゃない?というのを裏から攻めてみる、つまり、人でなし!から攻めてみると、人としてどうあるべきかがなんとなくわかります。

 そんな前半につづいて、後半は、不定期企画「二葉総一郎の・・・あなたの言っていることがよくわからない・・・わからない・・・」をお送りします。内容的には、よー分からん人を捕まえては、二人で強引に結論を付けるという番組です。

 次回は、「淡谷のり子のぽぽぽぽぽ」をお送りする予定です?というわけで、今回もお楽しみくだされ!
posted by 二葉太郎&INAZO at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

土曜の夜は、くさみか!De Night!!!予告<第151回>

 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 いやーーーー、野球っていいですね。今日はホークス戦を久しぶりに堪能させていただきました。見事ホークスの勝利で終わったのですが、今日の楽天戦、さすが首位を走っている楽天だなと思わせるプレー続出、そして、常勝球団の底力を見せてくれた、手に汗握る試合でした。
 まさに、球春到来!といった雰囲気です。

 さてさて、野球が始まっても、くさみか!は元気です。

 明日アップ予定の第151回ですが、前半は、突然ですが、二葉太郎、塾を開講いたしました。そんな中で「社訓」的なものを掲げてスタートさせようと思っております。その3か条とは?学力アップとともに、くさみか!でずーーーっと述べてきたことが、どうも現実化しそうです。

 学力だけでは合格できないような試験体制に徐々に移行するとのこと。来年度から、福岡県の公立高校入試が変わりますし、3年後は、大学センター試験が変わるとのこと。それに伴って、私立大学を中心に試験問題並びに配点が刷新されるそうです。

 学力アップと人間力アップ。この2つを同時にこなさないといけないわけで。二葉の塾は、二つの葉、つまりは、学力、人間力をトータルで見ていく塾として育てていこうと考えております。

 そして後半は、不定期開催の新コーナー。名づけて「二葉総一郎の、あなたの言っていることがよくわからない・・・わからない・・・・」の第1回をお送りいたします。

 せっかくこの世に生まれてきたからには、愉しまねば損します。というような内容です。

 明日の夜アップいたします。(ホークス戦に熱中している場合は少々遅れる場合がございます。アップが遅れる場合は、ネット環境の悪化もしくは、ホークス戦がもつれているものと思われます。予めご了承ください。)

 
posted by 二葉太郎&INAZO at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

淡谷先生の気象情報・・・・。

 (以下、淡谷のり子先生のものまねをしている二葉太郎風に聞いてみてください。)

 どーも、こんばんは。淡谷のり子です。

 なんだか、雨がものすごく降ってるわね。

 これから、本州のひろーーーーーい範囲で大雨らしいわよ。

 それにね、南風がものすごくふいて、あたしなんか飛ばされたわよ。

 雨と風にじゅうぶんに、きをつけてちょうだいね。

 まじめにやりなしゃい。まじめにきいてくだしゃい。

 以上、淡谷のり子でした・・・。ぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽ・・・・
posted by 二葉太郎&INAZO at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

明日は100%雨らしいですよ。福岡は。

 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 いやいや、第150回、たくさんの方に聞いていただいてホントにありがとうございます。

 2か月ほど空白があったにもかかわらず、待っていただいている方もいらっしゃったのか(うぬぼれですが・・・)ホントに、休む前以上にたくさんの方に来ていただいております。喋りてとしてまったくもってうれしく、誇らしいです。

 本編でもちらちらお話ししていますが、(今後アップする分で思いっきり話していますが・・・)二葉太郎個人的なお話ですが、個人塾を開講いたします。あくまで、福岡市と北九州市の間に位置するこの福津市、宗像市の子供たちを対象に、ライフワークにしたいと思っております。

 個人塾とこのポッドキャスト。死ぬまで続ける!と宣言した以上、私二葉太郎は、この宗像地方を第2の故郷として、根を張っていくつもりです。おそらくは骨をうずめることになるでしょう。

 こう思うと、第1の故郷である久留米市との縁が、ドンドンなくなり、遠くなってしまうような、一種の寂寥感に支配されることもあります。

 当然まだ、両親も健在で、実家もあるのですが、毎日を忙しく過ごしていると、どうしても足が遠くなります。心の中でも、いまその遷移状態にあるのかもしれません。

 しかし、この福津、宗像地方で、私の子供たちも含めて、すくすくと成長している姿を見ると、このエリアに感謝してもしきれません。私ができることはないかと考えたら、これしかないと思いました。

 本編でもお話ししている通り、邪馬台国然り、現在の福岡地方然り、やはり、住みやすさはNo.1でしょう。まして、この福津、宗像地方というのは、程よく都会、程よく田舎でありまして、人と人とが風通しよく、通い合える素晴らしい町だと思っています。

 海と山に囲まれた、素敵な街です。ぜひぜひ一度いらしてくださいね。

 こんな環境でお届けしている「くさみか!」。よかったら、今後ともお楽しみください!
posted by 二葉太郎&INAZO at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

第150回 二葉とINAZOのベスト3ワースト3_二葉太郎の変なところみーつけた!.


 みなさん、こんばんは。おかげさまで150回を迎えることができました。一重に皆様のおかげであります。

 その記念すべき150回を知ってか知らずかよくわからないままに収録している我々でございまして・・・。編集を終えて初めて、「あー、150回かー」などと感じる始末でございます。

 そーーーんな150回目は、二葉とINAZOの今までの人生を振り返ってのベスト3、ワースト3をお話ししています。また、後半では、そういえばありました、ありました。二葉の変なところ。

 二葉自身はふつーーーなのですが、よくよく聞いてみるとおかしいことの連発。二葉自身の右左の問題であります。右左といっても右翼、左翼の問題ではありません(当然ですが・・・(-_-;))。右手、左手についてです。フレミングも真っ青の二葉の右手の法則、左手の法則をご紹介します。

 同じ習性を持つ方、ぜひぜひご一報ください。仲間を探しております。少なくとも身の回りにはいないので・・・。

 というわけで、第150回お楽しみあれ!
posted by 二葉太郎&INAZO at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

いい忘れておりましたが・・・・

 みなさん、またまたすみません。二葉です。

 番組を始めて2年近くがたちましたが、今後、ビッグマネープロジェクトをはじめ、いろいろ画策しておりますが、目的は、何とかこの番組に予算をつけたいなと思っております。

 そして、日ごろのご愛好に感謝を込めて、プレゼントコーナーなども設けていきたいと考えております。早ければ、年末ごろには、「二葉&INAZOサンタ」企画を練っております。

 少しずつではありますが、着実に番組並びにパーソナリティである我々も進化をしながら、番組を盛り上げていきたいと思っております。

 今後ともご愛好よろしくお願いいたします。

posted by 二葉太郎&INAZO at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だいぶ暖かくなってきましたねぇ…。

 みなさんこんばんは。二葉太郎です。

 さてさて、4月に入り、福岡県地方はようやく春の陽気になってまいりました。今日は午後3時ごろで25度を記録。暖かいを通り越して、「暑い」感じになってきました。

 この数週間、熱いよ寒いよが続いておりましたが、皆さん体調はいかがでしょうか?お元気でしょうか?

 さて、明日は第150回をアップいたします。

 早いもので、150回ですよ。よーしゃべってきたなぁ。よー続いとるなぁと手前みそですが、感慨深いものがあります。INAZOのテンションの乱高下に振り回されながら、多くの皆様のご支援のおかげでここまでくることができました。

 また、この「くさみか!」を通して、新たにできたご縁もたくさんございます。このご縁を大切にしながら、よりよい????とはいかないかもしれませんが、ある程度好き勝手に、でも今までのテイストを崩さず、邁進していこうと思っております。

 総アクセス数も、最近報告しておりませんでしたが、約1年9か月で、14万アクセス。来場者も延べ4万人に達しております。

 日ごろのアクセス数が、私たちのモチベーションになっております。

 これからも頑張りますので、お誘いあわせの上、「AMテイストが好き!」という方はぜひぜひお聴きください。頑張ります。
posted by 二葉太郎&INAZO at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 二葉太郎のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

第149回 福岡VS奈良どっちが住みやすいでSHOW_歴史的かつ科学的に迫ってみると日本一元気な街FUKUOKA


みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 今回のくさみか!は、前回収録で足りなかった部分を補足する意味での内容になってしまいました。

 というのも、邪馬台国は福岡!ということを決めつけて話していたのですが、そもそも邪馬台国とはどういう風に語られているのか?福岡と畿内の双方で繰り広げられているバトルに終止符は全く打たれることもなく、発掘作業も、都会の部分をすべてひっぺがさないと進まない状況ですから、いわば空想論にすぎません。

 それでも、気象的条件や自然現象などの諸条件から類推するに、福岡は住みやすい!というのは明らかで、それは2000年前の人間も、今の人間も同じではないのだろうか?というお話にまで発展しています。

 いずれにせよ、これまでの史実から、福岡地方も畿内地方も有力な豪族がおり、それなりに大規模な文化が存在したのは間違いないのかもしれませんねぇ。

 歴史ファンの方は、いろいろご存知かと思いますので、もしよかったらいろいろ教えてください!
posted by 二葉太郎&INAZO at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする